財団法人新エネルギー財団会長賞
新エネルギー機器の部住宅用太陽電池モジュール
三角形太陽電池モジュール
昭和シェル石油株式会社
 住宅用としての太陽電池モジュールは、ほとんどが屋根面に設置されますが、電力消費量が一極集中する都市部住宅密集地へ行く程、斜線制限があるために寄棟形状の屋根面が多くなり、屋根面積も狭い傾向があります。従来のシステムではこの様な屋根面に四角形太陽電池モジュールのみを配置している為、十分な発電容量を確保できないばかりでなく、屋根面を含めた住宅全体のデザインを損ねていました。「三角形太陽電池モジュール」は、この四角形だけでは埋められない三角状の残り屋根面を埋める形で使用され、システム全体の意匠性と発電量の増大を同時に実現致します。
特 長
  1. 新築住宅の約7割を占める寄棟形状の屋根面(台形、三角形、平行四辺形、片流れ等)への設置において、従来の四角形太陽電池モジュールと組み合わせて設置が可能です。
  2. 屋根面の形状とモジュールの配置形状が相似形となりますので意匠性に安定感が増し、同時に住宅と太陽光発電のシステムの一体感をかもし出す事ができます。
  3. 三角形モジュールを使用することにより設置発電容量が15〜30%増加します。
  4. 左三角と右三角の2種類があり、配置三角形の斜辺のラインを連続した直線として設置する事が可能です。
  5. 鋭角部に専用固定金具を使用しているため、四角形モジュールと同等の強度を保持しております。
▼仕様
標準品型番 GT128−NFC−TL(左三角)/GT128−NFC−TR(右三角)
外形 長辺:982mm、短辺:907mm、斜辺:1327mm
形状 三角形(鋭角部角度:47.7度)
最大出力 44W

設置例写真
太陽電池
 

平成8年度受賞一覧9年度10年度11年度