財団法人新エネルギー財団会長賞
導入事例の部 高崎福祉専門学校
太陽光発電・熱システム

学校法人堀越学園
京セラ株式会社

 つねに自然との調和を考え地球環境問題と取り組む学校法人堀越学園は「環境・福祉」教育を実践する目的で、高崎福祉専門学校に日本で初めてガラスカーテンウオール型「ライトスルー太陽電池モジュール」をビル壁面全面に取り付けた太陽光発電システムと、太陽熱給湯システムを導入しました。
 本システムは、ビル建築へ太陽光発電システムと太陽熱システムを同時に導入する際のひとつの方向性を示すものとして意義あるもので、限られた空間の中で、建築デザイン及び建築機能とソーラー機器の特長をうまく融合させたシステムです。

特長
 高崎福祉専門学校の外壁や窓には、ライトスルー太陽電池モジュールが装備され、建物内の消費電力を補うほか、電力があまれば電力会社に送り返して有効利用を図ります。太陽電池の発電により、石油換算で年間5,408リットルが、また屋上の集熱器の集熱により、石油換算で年間8,081リットルが、節約できます。

ライトスルー太陽電池モジュール
(1)両面強化ガラスラミネート構造のため、太陽電池素子間、素子外周部から屋外光を採光することができます。また、手をふれる機械が多い裏面も十分な信頼性を持ちます。
(2)従来の窓用アルミサッシ部材をそのまま利用して固定できる構造のため、特殊な架台等の部材は不要。また、アルミサッシ内部にボックス・配線を収納できる構造としたため、室内外観が向上しました。
(3)変換効率が高く(素子変換効率15%)信頼性が高い多結晶シリコン太陽電池を採用しました。

ライトスルー太陽電池モジュール


真空ガラス管型集熱器
太陽光発電システム
ライトスルー太陽電池モジュール
最大出力 27.9kW
取付方位 南東及び南西
傾斜角度 90度
予想年間発電量 22,178kWh
連系保護装置付20kVAインバータ

太陽熱システム
真空ガラス管型集熱器
集熱面積 76.44m2
取付方位
傾斜角度 20度
予想年間集熱量 57,212Mcal
ヒートポンプハイブリッド方式

設置外観


8年度平成9年度受賞一覧10年度11年度