資源エネルギー庁長官賞
新エネルギー機器の部太陽電池モジュール
HIT太陽電池モジュール
三洋ソーラーインダストリーズ株式会社

 量産レベルでは最高の変換効率17.3%を達成した太陽電池です。結晶Si基板上に薄膜アモルファスSiを形成したハイブリッド型の新構造の太陽電池で、モジュール出力は業界最大の180W、単結晶Siよりも省スペースで設置可能です。また、温度上昇に伴う特性低下が結晶系Siより小さいため、モジュール温度が上昇する夏期の晴天時には単結晶に比べ、高い出力が得られます。さらに、製造エネルギーも少なく、基板も約30%薄板化が可能です。「HIT太陽電池モジュール」は高効率、省スペース、省エネルギー、省資源を同時に達成した新時代の太陽電池です。
特長
(1)業界最大出力の180Wを達成。モジュール変換効率15.2%(セル変換効率17.3%)で単結晶Siより高効率なため、約17%の省スペース化が可能。
(2)温度上昇に伴う特性低下が結晶系Siより小さいため、結晶系Si太陽電池の18%の変換効率に相当する発電量が得られます。
(3)太陽電池温度が高くなる夏季の晴天時には単結晶Siに比し、高出力が得られ(当社比)、ピーク発電量で約10%、1日の積算発電量で約9%アップ(実測値)
(4)製造プロセス、エネルギー(〜200℃)が少なく、基板も薄板化(HIT250μm:単結晶350μm)が可能で低コスト化に有利。

仕様
形式 最大出力 動作電圧 動作電流 寸法
HIP-H48B1 170W 48.6V 3.50A 1320×895×35mm
HIP-J50B1 180W 50.7V 3.55A 1320×895×35mm

構造
単結晶シリコン(当社)
HIT太陽電池

発電量比較
発電量の一日変化(実測値)
3kWシステムの
1日積算発電量例
HIT太陽電池モジュール

 

8年度平成9年度受賞一覧10年度11年度