通商産業大臣賞
新エネルギー機器の部量産型ハイブリッド乗用車
トヨタ「プリウス」
トヨタ自動車株式会社

量産車としては、世界初のガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたトヨタハイブリッドシステム(THS)搭載乗用車。
最も燃料消費率が良くなるよう走行状況に応じて、1.5リットル高効率ガソリンエンジンの動力による直接駆動力と、永久磁石式交流同期モーター駆動力(エンジンで発電あるいは高電圧バッテリーからの電力供給による)との割合を自動制御しながら走行する。
車両走行中にエンジンの動力の一部で発電し高電圧バッテリーへ電力供給するため、電気自動車のように外部から電気を供給する必要がない。

機器・システム等の特長
エンジン・モーター・発電機・インバーター・バッテリ・動力分割機構・減速機からなるトヨタハイブリッドシステム(THS)を搭載し、同排気量ガソリン車の約2倍にあたる28km/リットル*の低燃費、すなわち、CO2排気量を1/2に低減。
排出ガス中のCO、HC、NOXを規制値の約1/10*に低減。
無段変速機能とモーターアシストによって、なめらかでレスポンスの良い加減速特性を実現。
断熱ボデー・内外気2層式エアコン・電動パワーステアリング・空力ボディなど数多くの省エネルギー技術を採用し低燃費実現に貢献。
*10・15モード走行値

THSシステム構成
THSシステム構成
車両外観
車両外観

8年度9年度平成10年度受賞一覧11年度