資源エネルギー財団会長賞
新エネルギー機器の部長野茅野市
山岳部における
環境調和型エネルギー施設
山小屋「夏沢鉱泉」

長野県茅野市(生活環境部 生活環境課)

多くの山小屋は商用電力がないため、し尿や生活用水は未処理のまま排出され、沢水の汚染が問題となっています。茅野市はこれら山小屋への補助金交付要綱を定め、山小屋「夏沢鉱泉」に太陽電池4.9kW、小型風力発電2.1kWを導入、その電力は、し尿、生活排水の浄化槽用電力、登山者の遭難防止のための山の灯台の電源に使用しています。山岳部の環境保全・生態系の維持のため山小屋に新エネルギーを導入した先進性が評価されました。

機器・システム・設備等の特長

山小屋「夏沢鉱泉」
八ヶ岳の標高2,060mにある夏沢鉱泉に導入した太陽光発電パネル48枚を山小屋の屋根に、28枚は積雪の影響を受けない壁面に設置しました。風力発電機は、300Wの小型で発電能力の高いもの7基を屋根上に設置し、冬季の山小屋閉鎖中は容易に取り外せる機種としました。また、厳しく変化の激しい山の気象条件を考慮し、太陽光・風力からの発電が途絶えた時に備え、蓄電池(48V-1,000Ah)を設置しました。これらの新エネルギーから得られる電力を、-25度でも稼働する合併処理浄化槽の動力とし、し尿・生活排水を処理しています。この浄化槽は外部に排水を出さない自己完結型のもので、処理後の水はトイレの洗浄水として再利用しています。

夏沢鉱泉排水処理装置の概要


8年度9年度10年度平成11年度受賞一覧