株式会社ドリームアップ苫前
苫前ウィンビラ発電所
株式会社ドリームアップ苫前/電源開発株式会社

受賞のポイント
風力発電機としては世界最大級の1,650kW発電機14基、1,500kW発電機5基からなる発電容量30,600kWの我が国最大の風力発電施設です。年間発電量は5,897万kWhに達し、一般家庭約1万6千世帯の電力を賄うことができます。施設規模の大きさに加え、苫前町と民間企業との共同出資による風力発電の事業化等、今後の大型風力発電事業のあり方を示すモデル性も評価されました。

機器・システム・設備等の特長

国内最大規模の風力発電所
本発電所は、出力3万kWを誇る国内最大規模の風力発電所です。大規模化を追求することで、より経済的な風力発電の実現を目指しました。

大容量風力発電機の採用
世界的に風力発電機の大容量化が進んでいます。本発電所は限られた敷地内でより経済的に多くの風力エネルギーを引き出すために、商用機としては世界最大級の風力発電機(単機出力1,650kW・1,500kW)を採用しています。

風況シミュレーション技術の適用
複雑な地形等起因する風況変化をシミュレーション等により、多面的に解析評価し、より多くの風力エネルギーが得られるよう風力発電機を配置しました。
 
設備概要
   
 
牧場経営との共存
  本発電所は、苫前町内の広大な町営牧場内に位置し、電力ケーブルを地中に埋設し各変圧器を風車タワー内に設置するなど、牧場と環境にやさしい風力発電事業との両立を目指しています。

-7-
資源エネルギー庁長官賞 導入事例の部 株式会社ドリームアップ苫前