三晃金属工業株式会社
ソーラー発電屋根システム
<サンコーソーラーシステム>
三晃金属工業株式会社

受賞のポイント
耐食性屋根材の上にアモルファス薄膜太陽電池を貼り付け、フッ素樹脂フィルムで覆った屋根材一体型の太陽電池を開発しました。重量の軽いアモルファス太陽電池を大規模に製品化した先進性と高い意匠性、曲面葺きも可能なためデザインの自由度による普及促進性が評価されました。

機器・システム・設備等の特長
本システムは、屋根機能と発電機能との融合を極限まで追求した屋根材一体型太陽光発電システムです。太陽電池の付かない屋根材とも形状・色調・性能面で整合をとり、屋根全体をひとつのシステムとしてコーディネートしています。

優れた意匠性
太陽電池と屋根材が完全に一体化しているので、違和感のない屋根が実現できます。横葺き、縦葺き(ストレート屋根、アーチ屋根)等多様な屋根に対応しています。

優れた屋根性能
強風や雨漏りに強く、長期間の耐久性に優れ、また防火性能や耐火構造の大臣認定を取得していますので、あらゆる建物に適応できます。

軽量性
薄膜のアモルファスシリコン太陽電池を、薄鋼板の上に重ね、フッ素樹脂フィルムで被覆していますので軽量で柔軟性があり、地震等による建物への負担は少ないシステムです。

簡単施工、短工期
通常の金属屋根と全く同じ工法で施工でき、太陽電池として特殊な技能や機器は必要ありません。また、太陽電池の据付が屋根工事の中で行われるので、短工期を実現できます。

実施例
右は、フラット500を使用したアーチ屋根の実施例です。太陽電池屋根材と一般屋根材とが調和し美しい屋根を形成しています。納入実績は平成12年末現在で約100件になります。
ヨコブキ200の構造
 
商品の主仕様
 

●福井県児童科学館「太陽と風の砦」
-8-
新エネルギー財団会長賞 新エネルギー機器の部 三晃金属工業株式会社