新エネルギー財団会長賞 新エネルギー機器の部

日新電機株式会社  関西電力株式会社
 

 受賞のポイント
次数間高調波を注入・監視することによる単独運転検出方式の採用により、系統への影響が軽微、複数台設置の相互干渉がない等、設置の制約が極めて少なく、また保守の簡素化、必要設置台数の減少により低コスト化を計っています。分散電源の種類を選ばないこと等、新エネルギー機器全般の系統連系時の問題解決の関係から、今後の導入において極めて重要と高く評価されました。

 機器・システム等の概要、特長
■ 概要
本体外観
 新エネルギー等逆潮流有りの分散電源を系統に接続する場合、単独運転(停電時、分散電源から電気が供給される状態)を検出する装置が必要です。
 本装置は、系統に微量の次数間高調波(2.6次等の非整数次高調波)を注入することにより系統インピーダンスの監視を行い、単独運転移行後のインピーダンスの変化により単独運転を検出します。
(JEAG 9701−2001「分散電源系統連系技術指針」に方式掲載)






■ 特長について
1) 系統への影響が軽微であり、問題がない。
2) 同一配電線に複数の分散電源(本装置)が設置されても相互干渉がない。
3) 1秒程度の短時間で検出が可能である。
4) 分散電源の種類を選ばない。
5) 1電源設備内の発電機台数に関わらず、本装置1台にて対応可能である。
6) 系統連系ガイドラインにて要求されている、OF、UF、OV、UV、DS、OVG受動機能も装備。

■ 仕様

外形寸法 幅500×高1,700×奥行き400(mm)
質量 210kg
制御電源 DC110V
注入回路 AC210V
消費
電力
制御電源 200W以下
注入回路 300W〜600W以下


■ 適用例