資源エネルギー庁長官賞
優秀導入活動非営利団体部門
特定非営利活動法人北海道グリーンファンド
連絡先 特定非営利活動法人北海道グリーンファンド
〒060-0004 北海道札幌市中央区南1条西7丁目16番2 岩倉ビル3階
TEL.011-280-1870 FAX.011-280-1871
市民からの出資による発電事業として風力発電の建設・事業化を初めて実現したことで、市民出資型という新しい発電事業形態を全国に広めるきっかけとなる等、北海道や秋田という地域を越えた導入活動が、今後の風力発電の更なる普及拡大や一般市民への啓発につながると期待される。
  導入活動の概要、特長
 
□ 活動の概要
 「コーヒー1杯分の基金で地球に優しい未来をつくりませんか」という呼びかけでスタートした北海道グリーンファンドの「グリーン電気料金制度」。会員は自然エネルギー普及を目的とした市民共同発電所建設の基金として、電気料金の5%分を毎月拠出しています。この基金と市民からの出資で建設した北海道グリーンファンドによる「市民風車」は全国で2ヵ所あります。自然エネルギーを求める多くの市民の声が市民風車として形になり、地域の風をエネルギーに順調に運転を続けています。市民による発電事業への挑戦は始まったばかりですが、自然エネルギー普及をめざす多くの市民の支援と協力を得て、活動が広がっています。

□ 市民風力発電所の概要
・全国で初めての市民出資型風力発電所〜北海道浜頓別町「はまかぜ」ちゃん〜
NPO法人北海道グリーンファンドの会員が、毎月電気料金の5%分を寄付することで積み立てられたグリーンファンド基金に加え、会員を含む市民217人(団体含む)からの出資など1億6650万円を得て建設しました。
運転開始 :2001年9月
建設地 :北海道枝幸郡浜頓別町
導入量 :定格出力990kW 1基
設備利用率 :28.8% (2003年度)

・全国に広がる市民風車〜秋田県天王町「天風丸」〜
「はまかぜ」ちゃんの市民風車事業をモデルに、北海道グリーンファンドと地元の「市民風車の会あきた」との連携により、秋田県民を中心に市民443人からの出資1億940万円を得て建設しました。
運転開始 :2003年3月
建設地 :秋田県南秋田郡天王町字濱山
導入量 :定格出力1500kW 1基
設備利用率 :20.4% (2003年度)

□ 市民風車の広がり
 「はまかぜ」ちゃんの取り組み以降、さまざまな地域から市民風車建設の可能性について問い合わせをいただきました。現在、地域や市民が主体となった市民風車の取り組みは全国で3基です。2005年春には北海道石狩市にも誕生し、東北、関東エリアでも展開される予定で準備が進められています。