新エネルギー財団会長賞
優秀商品部門
株式会社クボタ
連絡先 株式会社クボタ ポンプ研究部
〒103-8310 東京都中央区日本橋室町3-1-3 
TEL.03-3245-4482 FAX.03-3245-3454
   発電機内蔵、水汚染防止のための軸受のグリス受け(ドレン室)の設置及びウォーターハンマ対策としての回転部の改良等、新規性に富む技術が評価された。また、没水可能であることや、配管内に容易に挿入できること、及びコンパクトな形状等、新規分野への適用が可能で、潜在市場は大きく将来性は高いと期待される。
   水道管網では、需要家への水の安定供給のために送水圧力をやむをえず減圧している箇所が数多くあり、その減圧分の未利用エネルギーを回収するためには発電水車の導入が効果的と考えられるが、設置面積と採算性がネックとなっていた。本製品は、水車と発電機を一体化したコンパクトな設計とし、製品コストおよび据付コストの低減を実現するとともに、インライン型としたことで配管途中に設置でき、少ないスペースでも据付を可能とするもの。没水可能なため水中設置が可能であり、高落差から低落差まで幅広く適用可能である等、多様な設置条件にも対応可能であるほか、極力シンプルな構造としたことによるメンテナンスの容易化や、発電機内蔵による低騒音化を達成している。



   
 
設置事例
 
水車構造図

 
製品仕様:
流量範囲:0.06〜1.8(m3/s)程度
有効落差範囲: 5〜100m程度
発電力範囲:20〜132(kW)程度
水車口径:Φ300〜Φ800(mm)程度
 
 
 
設置イメージ