優秀導入活動法人部門 新エネルギー財団会長賞 三峰川電力発電事業及び小水力発電事業(第四発電所建設) 三峰川電力株式会社
受賞のポイント 三峰川発電所は、長野県南部の南アルプス仙丈岳のふもとに位置し天竜川の支流、三峰川の水資源を利用した水力発電所である。
同地域に小水力発電所を建設することにより発電だけではなく導水により稲作が可能となる等の地域の利水に貢献した取組みが評価された。
導入活動の概要
  三峰川電力株式会社は、CO2を排出しないクリーンな再生可能エネルギーである小水力発電事業を積極的に推進している。これまでに、三峰川第三発電所(260kW)、三峰川第四発電所(480kW)の特徴的な二か所を開発した。第三発電所は、既設発電所の鉄管を分岐し新たな発電を行うとともに放流水を既設の三峰川第一発電所(22,100kW)の水車発電機の冷却水として再利用する方式であり、第四発電所は、三峰川第一発電所の放流水の一部を再取水して再利用する方式である。
特に本年運転開始した第四発電所では、FRPM埋設管の採用と汎用型水車発電機を6台並列設置し台数制御することで、流量変動の大きい用水での運転効率化と建設コストの低減を図った。
また、社内外の環境教育、啓発活動の一環として、三峰川発電所内にピコ水力(0.2kW)、ミニ風力(3kW)、および太陽光(1kW)によるハイブリッドシステムを設置している。  
第三発電所および第四発電所によるCO2削減効果は、年間3,000トン(排出量係数は全火力電源平均0.69s-CO2/kWh)であり、このノウハウを活用し、小水力開発を積極的に進めている。


  三峰川発電所の概要
  photo
第四発電所   汎用型水車発電機
  photo   photo



  連絡先 三峰川電力株式会社三峰川発電所
〒396-0403 長野県伊那市長谷黒河内2895  TEL. 0265-98-2027 FAX. 0265-98-2759