優秀製品部門 経済産業大臣賞「グリーンファースト ハイブリッド」積水ハウス株式会社
受賞のポイント 「太陽光発電システム」と「家庭用燃料電池」並びに「大容量蓄電池」を併設することにより日常での電力需要を太陽光発電と燃料電池で賄い商用電力消費量の削減を図るとともに、停電時や非常時においても既に蓄電している蓄電池により一定レベルの生活が可能となる「災害に強い住宅」でもある。
居住段階での商用電力消費を大きく削減し、更には非常時の対策もあわせ、時代のニーズに応えている点が高く評価された。
製品の概要
  本住宅商品は、快適な生活を損なうことなく、居住段階の商用電力消費を大きく削減し、日中は電力を供給する“街の発電所”となって電力不足に貢献する時代のニーズに応える住宅である。
日常では、日中の電力需要の多くを燃料電池と太陽電池で賄い、太陽電池が発電しない夜間は、深夜電力を貯めた蓄電池(8.96kW)の電気を利用することで、ピーク時間帯の商用電力消費が削減できる。
又、大容量蓄電池により、停電時などの非常時でも、これまでは実現困難だったレベルの生活が可能となる「災害に強い住宅」でもある。


  photo   photo
(平常時)「グリーンファースト ハイブリッド」の電力供給システム   (平常時) 1日の電力負荷変と3電池システムの動き
 
【大幅な節電に貢献】

グリーンファーストハイブリッドは、3電池システム(燃料電池、太陽電池、蓄電池)及び省エネシステム(次世代断熱、高効率エアコン、LED等)の導入により、購入電力より売電量が多く、街の発電所として電力供給に貢献。
 
【災害に強い住宅】

停電時には3電池システムにより電気もお湯も使える普段とほとんど変わらない生活を、非常時(電気、ガス・水道の供給なし)には、日中の太陽電池の発電で大容量蓄電池に充電し、夜間は蓄電池から電力を供給することによりライフライン復旧までの生活がこれまでに比べて格段に改善。

  photo   photo
      (停電時)「グリーンファースト ハイブリッド」の電力供給システム


  連絡先 積水ハウス株式会社 温暖化防止研究所
〒531-0076 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88  TEL 06-6440-3409 FAX 06-6440-3438

新エネ大賞

新エネ大賞

エンブレムについて

年度別

平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成21年度 第14回
平成20年度 第13回
平成19年度 第12回
平成18年度 第11回
平成17年度 第10回
平成16年度 第9回
平成15年度 第8回
平成14年度 第7回
平成13年度 第6回
平成12年度 第5回
平成11年度 第4回
平成10年度 第3回
平成9年度 第2回
平成8年度 第1回