新エネルギー財団会長賞 優秀普及啓発活動部門 建設現場における新エネ導入の取組みおよび全国事業所におけるエコ活動 戸田建設株式会社
受賞のポイント 現場や事務所において、太陽光発電や風力発電等の設備設置や普及活動を行うと共に、各建設現場からの廃棄バイオマスをバイオマス発電へ適用してグリーン電力証書を使用するなど、全社ぐるみの幅広い普及啓発活動を実施している点が評価された。
導入活動の概要
  戸田建設では作業現場、事業所(本社、支店、工作所)および設計・開発業務において新エネルギー導入、CO2削減および節電対策などの取組みを積極的に推進しています。
作業現場における取組み:作業所では低炭素施工システム“TO-MINICA”(TODA Minimum Carbon Construction)を導入し、太陽光発電・風力発電の導入、自社製造によるBDFの利用およびグリーン電力証書の購入などにより、CO2排出量1990年比マイナス40%を目指しています。
事業所における取組み: 支店ごとに組織している女子社員中心のECO・リーダープロジェクト(リユース、リデュース、リサイクル、ECOマインドの4チーム)では廃棄物およびCO2削減などのエコ活動を自主的に行っています。また、支店への見える化システムの導入も進めています。
設計・開発における取組み: 設計・研究部門では、LCCO2削減の観点から、地中熱利用、太陽光発電、屋上緑化、雨水利用、光ダクトおよびCO2見える化システムなどの省CO2技術の物件への導入や、洋上風力発電などの新エネルギー技術の開発を積極的に進めています。


  photo   photo
写真-1 作業現場に太陽光発電を導入

  写真-3 CO2見える化ビジョン“CO2MPAS”
  photo   photo
  写真-2 グリーン電力証書作業所看板   写真-4 ゴミステーション(16種類に分別)



  連絡先 戸田建設株式会社 環境事業推進室
〒104-8388 東京都中央区京橋1-7-1  TEL03-3535-1388  FAX03-3564-4104