経済産業大臣賞 燃料電池自動車 「MIRAI」 の新トヨタフューエルセルシステム(TFCS) トヨタ自動車株式会社
受賞のポイント  新トヨタフューエルセルシステム(TFCS)は、自社開発のFCスタックおよび高圧水素タンクを中心とした燃料電池技術とハイブリッド技術を融合した技術であり、燃料電池自動車「MIRAI」に搭載、市販化した。
 セル構造、電極、水素タンクなどに多くの先進性や独創性が認められる。世界に先駆けてFCV市販化を実現、また、多くの特許に関する実施権を無償で提供し、今後の水素社会や燃料電池産業を牽引していることが高く評価された。
商品・サービスの概要
   新トヨタフューエルセルシステム(TFCS)は、従来のガソリンなど化石燃料に替り、新たに将来有望なエネルギーである水素を燃料とし、クリーンかつ高効率で発電する燃料電池(FCスタック)を動力源とした燃料電池システムであり、普及に向けて高性能・小型化、低コスト・量産化を図り、セダンタイプの燃料電池自動車「MIRAI」に搭載し、世界に先駆けて市販化した。
 燃料電池自動車(FCV)は、走行中に排出されるのは水だけであり、大気汚染やCO2による地球温暖化など環境問題に対応。また、燃料である水素は、多様な一次エネルギーや再生可能エネルギー(太陽光、風力など)から製造可能であるため、燃料電池自動車(FCV)は、資源のない日本において、エネルギーセキュリティーの観点から、将来の水素社会の一翼を担う、究極のエコカーである。
 FCV「MIRAI」は、エコだけでなく、全域モーター駆動によるEV走行であることから、静かで加速が良く、走る楽しさを実感できる。また、利便性においては従来のガソリン車と比べても遜色なく(航続距離650km、水素充填時間3分程度、-30℃氷点下始動性など)、EVより優れている。更に、災害時の非常用電源としても活用でき、最大9kWの給電が可能で、最大60kWh程度(EVの数倍)の電力量を有し、長時間供給が可能である。


  究極のエコカー FCV「MIRAI」の特徴
究極のエコカー FCV「MIRAI」の特徴
  トヨタフューエルセルシステム(TFCS)の概要
トヨタフューエルセルシステム(TFCS)の概要


  連絡先 トヨタ自動車株式会社 技術開発本部 FC技術・開発部 FC機能設計室
愛知県豊田市トヨタ町1番地
TEL:0565-72-9179
FAX:0565-72-9209