資源エネルギー庁長官賞 駅舎補助電源装置(S-EIV: Station Energy Saving Inverter) 三菱電機株式会社

駅舎補助電源装置(S-EIV)は、電車がブレーキをかけたときに発生する回生電力のうち、余剰の回生電力を駅の照明・空調等の電源として用い、未利用エネルギーの活用を図るものである。

電力変換装置(直流/交流)は、次世代半導体(SiC)を搭載し、電力損失の低減化をはかっている。また、小型軽量化をはかることにより小さな駅にも設置でき、今後の鉄道事業への展開が期待できる取組みとして高く評価された。

商品・サービスの概要

駅舎補助電源装置(S-EIV)は、駅の照明・空調・等の電源として用いることで、未利用エネルギーである余剰回生エネルギーの活用を図るものである。

電力変換装置部(直流/交流)には、電力損失が少ない(従来比30%減)SiCパワーモジュールの採用と、実際の電車の運用を考慮して200kW-30秒間(3分間隔)の出力仕様とすることで、装置の小型軽量化・高効率化を実現している。

駅舎補助電源装置の動作概要 駅舎補助電源装置の動作概要
駅舎補助電源装置 外観写真 駅舎補助電源装置 外観写真 SiCパワーモジュール外観 SiCパワーモジュール外観
連絡先
三菱電機株式会社 社会システム事業本部 交通事業部
 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号<東京ビル> TEL:03-3218-1249