新エネルギー財団会長賞 太陽光発電出力推定・予測システムの電力系統運用業務への導入について 関西電力株式会社、株式会社気象工学研究所

太陽光発電が大量連系された状況においても安定した電力供給を行うことができるよう、太陽光発電出力の現在値の推定や短時間先の予測が可能なシステムを導入した。

本システムは、日射計を用いないで雲画像から日射量を予測する先進的な事例であり、実際の電力系統運用業務に活用されている。今後、他地域での展開が期待できる取組みとして評価された。

導入活動の概要

太陽光発電(PV)が大量連系された状況においても安定した電力供給を行うことができるよう、衛星画像を活用した日射量短時間予測システム「アポロン」およびそれを活用したPV出力現在値推定・短時間先予測システムを開発し電力系統運用業務に活用している。

面的に拡がるPVの出力を推定するには、従来の代表地点の日射計のデータを用いた推定よりも日射量を面的に推定できる手法を用いることが望ましい。そこで、「アポロン」を用いて面的に把握した日射量とPVの連系申込実績を地図上に表示したPVマップを活用することで、より精緻なPV出力推定を実現した。加えて本システムは、日射計を必要としないため、日射計システムの導入費用を削減できる。

連絡先
関西電力株式会社 電力流通事業本部 系統制御グループ
 TEL:06-7501-0360 FAX:06-6446-3203