新エネルギー財団会長賞 自立型水素エネルギー供給システム H2One 株式会社東芝 ESS社

太陽光発電装置、蓄電池、水電解装置、水素貯蔵タンク、燃料電池などから構成されるCO2フリーな自立型水素エネルギー供給システムである。

このような水素エネルギー供給システムの商品化は、我が国で初めてであり、また、複数の導入実績も認められる。今後の水素社会の実現に向けたデモンストレーションとして評価された。

商品・サービスの概要

国内外の離島や未電化地域への電力供給の課題(遠隔地への長距離送電線/化石燃料の安定供給)や、発電時における排気ガスやCO2排出などの環境負荷の課題を解決する、究極のゼロエミッションの完全自立型エネルギー供給システムである。太陽光などの再生可能エネルギーと水だけで24時間、365日、天候によらず安定的に電気と温水を供給でき、水素社会の実現に貢献するべく再生可能エネルギー由来の水素によるエネルギー供給システムとして世界に先駆け市販化した。

【商品の特長】

  • 再エネと水のみで動作する、化石燃料が不要なCO2フリーのゼロエミッション型エネルギー供給システム
  • 施設やコミュニティに天候や昼夜を問わず年間を通じて安定した電力と温水の供給が可能
  • オフグリッドシステムで自立型エネルギーシステムとしてコミュニティを支える
  • どこにでも短期間で簡単に設置できるコンテナパッケージを採用
  • 保安管理者や離隔距離が不要となる低圧設計の水素ガスタンク/水素吸蔵合金タンクによる貯蔵
  • 水素電力貯蔵技術により再エネの長期蓄電と安定利用を実現
  • 当社独自の最適制御運転機能(H2EMS)により効率的に水素を『つくる』『ためる』『つかう』事が可能
連絡先
株式会社東芝 次世代エネルギー事業開発プロジェクトチーム
 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 TEL:044-331-7702