審査委員長特別賞(普及啓発活動部門)産官学金民の連携による地域貢献型フロートソーラーの普及・推進 PS洲本株式会社、洲本市、龍谷大学

地域の産官学が連携し、ため池を利用した太陽光発電所を設置、その収益は、ため池の維持管理や地域振興などに活用する取り組みを実施している。

地域内に数多くある農業用ため池の課題を太陽光発電事業と組み合わせることにより解決している。今後、ため池ソ-ラーの拡大が期待できるものとして評価された。

普及啓発活動の概要

地域の産官学が連携し、ため池を利用した太陽光発電所を設置、その収益で、ため池の維持管理や地域振興などに活用する取り組みを実施している。

連携のそれぞれの役割としては、洲本市はため池の貸し出し、PS洲本(株)はフロート型太陽光発電設備の企画・設置・運営、龍谷大学は社会的投資として事業資金を投資し、地元金融機関とともに本事業に対する資金を提供した。2017年1月には、「塔下ため池ソーラー発電所」(73kW)が竣工し、その売電収益はため池の維持管理や地域振興に活用するモデルを創出した。また、10月には「龍谷フロートソーラーパーク洲本(1.7MW)」 が竣工した。

淡路島洲本市には約7,000という数の農業用ため池が存在し、その維持管理が地域にとって大きな課題となっている。今回のスキームを使用することによって、売電益の一部を農業用ため池の維持管理費に活用することを通じて、農業振興に資するモデルとなるものである。同時に、ポストFITを見据えた時に再生可能エネルギーの地域による普及を促すモデルになると考えられる。

スキーム図スキーム図 龍谷フロートソーラーパーク洲本(上空写真)龍谷フロートソーラーパーク洲本(上空写真)

龍谷ソーラーパーク洲本龍谷ソーラーパーク洲本 学生たちも設置作業に参加学生たちも設置作業に参加
連絡先
PS洲本株式会社
〒656-0025 兵庫県洲本市本町8-8-15
TEL: 075-257-7845 FAX:075-257-7846
https://www.plus-social.org/sumotoaboutus

新エネ大賞

新エネ大賞

エンブレムについて

年度別

平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成21年度 第14回
平成20年度 第13回
平成19年度 第12回
平成18年度 第11回
平成17年度 第10回
平成16年度 第9回
平成15年度 第8回
平成14年度 第7回
平成13年度 第6回
平成12年度 第5回
平成11年度 第4回
平成10年度 第3回
平成9年度 第2回
平成8年度 第1回