新エネ大賞-New Energy Award-

新エネルギー財団会長賞【地域共生部門】高山市奥飛騨温泉郷を元気に! 地域貢献型小水力開発の実践!(奥飛騨水力発電(株)、シン・エナジー(株))

受賞のポイント

本事業は、地域貢献型小水力の開発事業であり、3地点の開発を予定、1地点目(657kW)が運転開始している。発電収益の一部を「地域振興基金」として拠出し、発電所が立地する国立公園の便益向上と地域を活性化・保全する事業に資することなどを目指している。

地域資源である水力を活かした持続可能な地域づくりや地域のオーナーシップの醸成による国立公園での新規水力開発の実現等、地域共生にふさわしい取組みとして評価された。

地域共生部門の概要

奥飛騨温泉郷は岐阜県北東部の高山市に位置する温泉地域である。この地域は穂高連峰を挟んで存在する上高地等とともに、中部山岳国立公園の重要な一画を占めている。2020年12月に運転を開始した安房谷水力発電所は中部山岳国立公園第二種特別地域内にあるが、「地域の活性化」及び「国立公園の利便性向上」に寄与する事業であると、環境省の判断により事業が許可されたプロジェクトである。

奥飛騨温泉郷は近年、地域経済が減退傾向にある一方、急峻な地形と豊富な降水量により我が国でも有数な小水力ポテンシャル高密度地域である。本プロジェクトは豊富な小水力発電資源を、秀逸な環境条件との調和を図りつつ、地域自らが開発し、便益を地域に還元することにより地域活性化のエンジンとすることを目的として実施されたものである。ここで重要なことは、事業全体を通じて、地域関係者にオーナーシップ意識(「おらが村の発電所」という意識)を醸成していくことである。基礎調査から発電所建設・運営及び国立公園内の環境保全作業にも、地元の方々が主体的に参画する、まさに、地元の地元による地元のための発電所建設が実現したのである。また、地域貢献型開発では、一地点開発で完結するのではなく、複数地点を逐次開発する地域一貫開発(第一期開発として安房谷水力発電所に続き、今年度中に他2地点の建設に着手する)の推進により効果の拡大と持続性向上を図っている。

本プロジェクトを含む第一期による地域経済への裨益効果は20年間で35.5億円であり、このうち、地域振興基金は売電収入の一部を、国立公園整備や地域文化活動等のための資金(第一期3地点で合計約19百万円/年)として20年間にわたり拠出するなど、今後とも、地域の資源を最大限活用し、長期を見据えた地域活性化のサポートを行っていく。

高山市奥飛騨温泉郷を元気に! 地域貢献型小水力開発の実践!

受賞者による広報活動

奥飛騨水力発電株式会社

【連絡先】

  • 奥飛騨水力発電株式会社
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根200番地34
    TEL : 090-6913-5119
  • シン・エナジー株式会社 電源開発G水力部
    東京都中央区日本橋室町4-1-5
    TEL : 03-5542-1072 FAX : 03-5542-1073

新エネ大賞

新エネ大賞

エンブレムについて

年度別

令和4年度
令和3年度
令和2年度
令和元年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成21年度 第14回
平成20年度 第13回
平成19年度 第12回
平成18年度 第11回
平成17年度 第10回
平成16年度 第9回
平成15年度 第8回
平成14年度 第7回
平成13年度 第6回
平成12年度 第5回
平成11年度 第4回
平成10年度 第3回
平成9年度 第2回
平成8年度 第1回
ページトップへ