御挨拶
エネルギー別
概要書(全分野)
風力発電
廃棄物発電
バイオマスエネルギー
太陽エネルギー
地域新エネルギー
水力発電
地熱エネルギー
年度別
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
新エネルギーの導入促進に関する提言
I. 太陽エネルギーの普及促進に関する提言
太陽光発電の持続的発展を目指して
1-1 住宅用太陽光発電市場の持続的な発展に向けて
(1) 継続的な支援の実施
・ 補助金と余剰買取制度を柱とした発展的な支援
・ 太陽光発電と技術開発を組み合わせた住宅エネルギーシステム支援
(2) 中長期的な太陽光発電市場の維持・育成方針
・ 買取期間終了以降の余剰電力活用に向けた支援制度の検討
・ PCSのメンテナンスや取り換え費用に対する補助
(3) 安心確保のための市場環境整備のあり方
・ 出力(kW)保証から発電量(kWh)保証への市場整備
・ システムの経年劣化リスクを軽減する保険制度等の充実
1-2 非住宅用太陽光発電市場への健全な育成に向けて
(1) 自家消費ユーザーに対する支援の実施
・ 発電電力全量の売電と等価の支援制度
・ 自家消費電力量が統計に表れる仕組みの構築
(2) 高圧連系設備に対する昇圧等の付加的設備に対する負担軽減策
・ 自家消費や非常時対応の機能一体化システムに対する補助金・買取価格優遇
(3) 太陽光発電事業者のためのルール作り
・ 構造物及び設備機器の品質保証や定期点検などの義務付け
・ 地域に根ざした発電事業としての展開
1-3 環境対策技術としての価値の訴求と確立に向けて
(1) リサイクル等適正処理システムの確立
・ リサイクル技術の開発加速と効果的活用の制度・仕組みづくりに着手
・ システムを構成する全ての機器の適正処理の指針を示す
(2) 環境効果の訴求
・ 太陽光発電の環境対策技術としての特性・効果を再認識し、消費者に対する積極的な情報発信を再展開
・ 欧州太陽光発電産業協会のFact Sheetのようなものを作成し発信
1-4 固定価格買取制度の効果的かつ持続的な運営に向けて
  ・ 設備認定実績等の経験を十分踏まえた分析・検討により持続的運営に向けて課題と解決の方向を整理
電力システム改革
・ 太陽光発電の特色を最大限に生かすよう現在の電力インフラにうまく組み込み、社会コストを最小にしていくことが電力システム改革の鍵
2-1 DSM手法と太陽光発電(スマートメーター、デマンドレスポンス、ピーク対応)
  ・ 太陽光発電の供給電源価値を高めるため、蓄電池を組み合わせた系統安定化システムの開発・導入への支援拡大
2-2 太陽光発電のピーク価値の評価(ならし効果、ピーク効果、需要予測組み合わせ)
  ・ 蓄電機能を有する機器と一体化したシステムの導入者への支援
2-3 導入段階における送配電網の整備(社会インフラとしての負担原則)
  ・ 広域連系強化のため送配電網整備費用は、社会インフラ整備コストとして適切に投資回収できる仕組み構築
2-4 大量導入時における需給対策(揚水発電、エネルギー貯蔵技術)
  ・ 揚水発電や大規模エネルギー貯蔵設備等の需給調整設備への長期の投資回収を保証する新たな仕組み構築
規制緩和

・ 再生可能エネルギー特別措置法の施行にあわせ、工場立地法、電気事業法、建築基準法の規制緩和が集中的に実施
・ 施行後、普及拡大にともなう新たな課題も多く顕在化しており、更なる規制緩和の検討を要望

3-1 電気主任技術者不選任承認範囲の拡大

・ 平成25年度より2MWまで確実に引上げる

3-2 電気主任技術者の兼任要件の緩和

・ 電気主任技術者が常時勤務する事業場と同一敷地内にあること
・ 電気主任技術者が既に兼務している事業場と同一敷地内にあること

3-3 太陽光発電設置場所である「屋根に対する登記制度」の整備

・ 不動産登記令を改正し、太陽光発電設置の屋根又は屋上については、登記を設定出来るようにする

3-4 再生可能エネ発電事業目的の農地・耕作放棄地などの利用

・ 農地転用手続き簡素化等により事業がスムースに進むよう法制度の緩和

3-5 電力系統連系の円滑な運用

・ 変電所でのバンク逆潮流が認められていない制限の緩和、基準の見直し

3-6 その他の提言

(1) 太陽光発電機器の電圧基準の外国並み扱いの安全基準の特例について
(2) 市民ファンド運用における緩和措置
(3) 非常時に防災負荷供給の配線を可能にすること
(4) 電気室の共用を認める件

太陽光発電産業

・ 太陽光発電が主要電源としての役割を果たすためには10年単位の戦略、ブレない政策、産業の強い意志、技術の進展、産業構造の転換が重要

4-1 技術の進展

(1) ICT技術との融合

・ 太陽光発電システムが街区や都市レベルの電力需給に貢献するためのハードとソフト技術の開発及び実証並びに商品化の推進

(2) 太陽光発電の機能の高度化

・ 太陽電池セル・モジュールの進化とパワーコンディショナをインテリジェント化・スマート化により、エネルギーマネジメントシステム(HEMS/BEMS/CEMS)技術の高度化と高効率・高信頼性技術の追求

4-2 産業構造の転換

(1) 太陽光発電産業の再確認

・ 国内外の産業動向分析の深耕とわが国の太陽光発電産業が取るべき方向性の再確認

(2) ソリューションビジネスへの発展

・ 新たなビジネスモデルへ対応するための制度や政策的な支援

(3) ファンドの創出・発展

・ 非住宅用低圧用途の導入を金融面で支援するファンド等への支援制度の充実

(4) 3Rを考慮した産業の育成

・ 太陽光発電産業と関連産業による太陽光発電システムの3Rの技術確立と事業推進のための社会的仕組み作りの検討

PDF形式 2.84MB
太陽エネルギーの普及促進に関する提言[全文]をPDF形式でダウンロードできます。


* PDFファイルをご覧になるためには Acrobat Reader4.0 以上が必要です
* Adobe Acrobat Readerダウンロードページ
* Adobe Acrobat Readerは雑誌の付属CD-ROM等にも掲載されています
ページトップへ