「平成18年度 ハイドロバレー計画開発促進調査」
に関する調査地点の募集について
2006年1月11日 新エネルギー財団
水力本部


経済産業省資源エネルギー庁では、平成14年度より標記の調査を実施しハイドロバレー計画地点の開発に資するものとしており、平成17年度においては、当財団で標記調査を受託しております。
資源エネルギー庁では、平成18年度においても、予算成立を前提に標記調査を実施する予定であり、当財団において、調査地点を募集することといたしました。
つきましては、平成18年度の調査を希望される場合は、下記のとおりご応募いただきますようよろしくお願い申し上げます。
なお、調査対象地点、内容及び調査実施体制等は今後決定いたしますので、ご希望に沿うことができない場合があることをご了承願います。

1. 応募方法:
(1) 「ハイドロバレー計画開発促進調査地点調書」に調査を希望される地点名等必要事項を記載したうえ、必要書類を添付して、水力本部調査部宛に郵送して下さい。なお、応募資料作成にあたりましては、記入例を参照して下さい。
(2) 宛先
〒102-8555 東京都千代田区紀尾井町3番6号
        秀和紀尾井町パークビル6F
       (財)新エネルギー財団 水力本部 調査部(山本)
2. 応募締め切り日: 平成18年1月31日(火)
3. その他:
(1) 調査地点の選定に当たりましては、開発の可能性の高いと思われる地点を優先したいと考えておりますので、ご了承のうえ応募下さるようお願いします。
(2) 応募にあたりましては、下記「水力のページ」左下のダウンロードのページに掲載されている「ハイドロバレー計画ガイドブック」を参考にして下さい。

・水力のページ:http://www.enecho.meti.go.jp/hydraulic/
   
4. 資料:
PDF形式 12KB
(1) ハイドロバレー計画開発促進調査の概要
WORD形式 40KB
(2) ハイドロバレー計画開発促進調査地点調書
WORD形式 48KB
(3) ハイドロバレー計画開発促進調査地点調書(記入例)
WORD形式 168KB
(4) 調査位置図(例)
WORD形式 88KB
(5) 地点状況写真(例)
WORD形式 168KB
(6) 電力消費先位置図(例)
WORD形式 72KB
(7) 電力消費先状況写真(例)
WORD形式 84KB
(8) 算定資料(例)



お問合わせ先
財団法人 新エネルギー財団(NEF:New Energy Foundation)
水力本部 調査部 山本 寿彦 横田 英嗣
TEL:03-5275-9824 FAX:03-5275-9831

Get Acrobat Reader *PDFファイルをご覧になるためには Acrobat Reader4.0 以上が必要です
*Adobe Acrobat Readerダウンロードページ
*Adobe Acrobat Readerは雑誌の付属CD-ROM等にも掲載されています

ページトップへ