平成21年度 アジア・バイオマスエネルギー協力推進事業に係る報告会
2010年2月18日
(主催)財団法人 新エネルギー財団
(共催)独立行政法人 産業技術総合研究所


日本では2007年にバイオマスエネルギー推進のために、エネルギー協力イニシアティブが立ち上げられ、東アジアの各国に対して各種の支援、協力事業が行われております。
新エネルギー財団は、バイオエネルギーの分野で東アジア各国と日本を結ぶ役目を担っておりますが、この度、東アジア各国とのバイオマスエネルギーの協力事業についての報告会を開催します。報告会では、資源エネルギー庁や関連機関からの報告のほか、日本に滞在して共同研究を行っている東アジア各国のバイオマスエネルギー研究者の報告も予定しております。
本報告会で、アジアでの事業展開、共同研究等の協力関係を考えておられる方々ほか、バイオマスエネルギーに関係する自治体、企業、研究者の皆様の参考になればと考えています。
多数の皆様のご参加をいただけますよう御案内申し上げます。

1. 開催日時
平成22年3月10日(水) 
・報告会:13:00〜17:00
・情報交換会:17:00〜18:30

2. 開催場所
大手町サンケイプラザ 3階
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2
Tel: 03-3273-2257〜9
http://www.s-plaza.com/map/

3. プログラム

  報告会
 
開始
終了
内 容
講 演 者
場所
13:00
13:10
開会挨拶
(財)新エネルギー財団
副会長 伊藤 隆一
303
/304室
資源エネルギー庁
13:10
13:25
アジアバイオマス構想について(仮題)
資源エネルギー庁
省・新エネルギー部 政策課 国際室
13:25
13:45
アジアにおけるバイオマス関連
国際事業について
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構
新エネルギー技術開発部
国際事業調整グループ
主査 田澤 秀明
13:45
14:05
平成21年度新エネルギー人材育成事業の概要
(財)日本エネルギー経済研究所
戦略・産業ユニット 新エネルギーグループ
主任研究員 池田 隆男
14:05
14:25
アジアバイオマスエネルギー研究者受入及び情報発信事業について
(財)新エネルギー財団
国際協力部長 吉田 豊作
14:25
14:45
産総研のアジアバイオマスエネルギーに関する研究協力
(独)産業技術総合研究所センター
国際部門 総括主幹 山田 理
14:45
15:00
コーヒーブレーク
15:00
15:20
[招聘研究1]
バイオディーゼル混合燃料への貯蔵温度及び酸化防止剤の効果
Dr. Nguyen Manh Huan
(ベトナム・VAST化学技術研究所)
15:20
15:40
[招聘研究2]
燃料エタノールのpHe 測定の研究
Dr. Ronny Purwadi Herman
(インドネシア・バンドン工科大学)
15:40
16:00
[招聘研究3]
タイでの稲わらからのエタノール
製造評価
Dr. Tritib Suramaythangkoor
(タイ・モンクット王工科大学)
16:00
16:30
インドネシアでのバイオディーゼル燃料開発とアジアバイオマスエネルギー研究者招聘プログラムへの期待
Dr. Soni Solistia Wirawan
インドネシア・技術応用評価庁
16:30
16:45
全体を通じての質疑応答

17:00
18:30
情報交換会

302室
※報告会では、日本語-英語間の同時通訳を行います。

4. 定員
・報告会:先着100名
・情報交換会:先着60名
定員に達し次第締め切ります。

5. 参加費用
無料(報告会、情報交換会)

6. 参加申込方法
参加申込は、インターネットにより受け付けます。
下記ボタンをクリックして受付画面に進み、ご登録をお願いします。
また、インターネットが利用できない場合はファックス等で受け付けますので、下記のお問合せ先に御連絡ください。

7. 申込期限
平成22年3月4日



参加申込みはこちら

参考
アジア・バイオマスエネルギー協力推進オフィス
http://www.asiabiomass.jp/




お問合わせ先
財団法人 新エネルギー財団(NEF:New Energy Foundation)
計画本部 国際協力部 担当:二村、伊藤、岡部
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目13番2号(住友不動産東池袋ビル2F)
TEL:03-6810-0362 FAX:03-3982-5101

Get Acrobat Reader *PDFファイルをご覧になるためには Acrobat Reader4.0 以上が必要です
*Adobe Acrobat Readerダウンロードページ
*Adobe Acrobat Readerは雑誌の付属CD-ROM等にも掲載されています

ページトップへ