風の力を利用して
電気を起こす、『風力発電』。
「風の力」で風車をまわし、その回転運動を発電機に伝えて「電気」を起こします。風力発電は、風力エネルギーの約40%を電気エネルギーに変換できる比較的効率の良いものです。

発電の仕組み
風車は風の吹いてくる方向に向きを変え、常に風の力を最大限に受け取れる仕組みになっています。台風などで風が強すぎるときは、風車が壊れないように可変ピッチが働き、風を受けても風車が回らないようにします。


各地で導入が進められています。

日本では、安定した風力(平均風速6m/秒以上)の得られる、北海道・青森・秋田などの海岸部や沖縄の島々などで、440基以上が稼動しています。
風力発電を設置するには、その場所までの搬入道路があることや、近くに高圧送電線が通っているなどの条件を満たすことが必要です。
海岸線の長い日本に適しています。
地域のシンボルともなり、
「町おこし」にも一役買っています。

 
 きみのまちや、あなたのまちでさがしてみよう。
 

能代風力発電所(秋田県能代市)
14,400kW(600kW×24基)

苫前ウィンビラ発電所(北海道苫前町)
30,600kW(1,650kW×14基 1,500kW×5基)