植物などから得られた有機物をエネルギー源として
利用する『バイオマス発電・熱利用』。

植物などの生物体(バイオマス)は有機物で構成されているため、燃料として利用できます。
これらの燃料を使って電気や熱を作ります。




『バイオマス発電・熱利用』は、
自然循環型のエネルギーです。

植物は、光合成によってCO2(二酸化炭素)を体内に有機物にしてたくわえます。エネルギー資源としてバイオマスを利用しても、植物を育成すれば、大気中のCO2は再び光合成によって有機物に生まれ変わります。

自然エネルギーの中では必要に応じてエネルギー量を調整しやすい自然エネルギーです。
植物の持つ有機物は、太陽エネルギーが形を変えたものなので無尽蔵です。
 
 きみのまちや、あなたのまちでさがしてみよう。
 

バイオマス発電プラント(岡山県勝山町)

燃料となるバイオマス(廃材等)