太陽の恵みを受けた植物をさまざまな燃料に変えて
利用する『バイオマス燃料製造』。


植物などの生物体(バイオマス)を構成している有機物は、固体燃料、液体燃料、気体燃料に変えることができます。
木くずや廃材から木質系固形化燃料を作ったり、さとうきびからメタノールを作ったり、家畜の糞尿などからバイオガスを作ります。




『バイオマス燃料製造』は、
生物が作り出したエネルギーです。

バイオマスを構成するものは、石油や石炭と同じ有機物です。
人工的に有機物を作り出すのは大変難しいのですが、植物を利用すれば比較的簡単に燃料を作り出すことができます。

木くず、さとうきびのしぼりカス、家畜糞尿などをエネルギー資源として有効活用できます。
保存と運搬をしやすくするため固体、液体、気体に自在に加工することができます。
 
 きみのまちや、あなたのまちでさがしてみよう。
 

八木バイオエコロジーセンター(京都府八木町)

木質固形化燃料