大気を汚さず、地球環境にやさしい
『クリーンエネルギー自動車』。

電気自動車は、電気で走り排気ガスを出しません。ハイブリッド自動車は、ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせて効率良く走るので排気ガスが減ります。天然ガス自動車やメタノール自動車は、炭素や有害物質の少ない燃料を使うので、排気ガスの中の二酸化炭素や硫黄酸化物などが減ります。


クリーンで効率が良く、そしてカッコいい
『クリーンエネルギー自動車』が各地で活躍しています。


自動車の排気ガスには、地球温暖化や大気汚染の原因となる、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)などが含まれています。クリーンエネルギー自動車を導入していけば、これらの問題の解決に有効です。

個人でも比較的導入しやすい新エネルギーです。
クリーンなので、環境を保護している地域などでの使用に適しています。
天然ガス自動車やメタノール自動車は、有害物質や二酸化炭素の排出量を少なくします。
 
 きみのまちや、あなたのまちでさがしてみよう。
 

電気自動車の共同利用システムの車両ステーション
(京都府京都市)

動物に配慮した天然ガスライオンバス
(東京都多摩動物公園)