メールマガジン

グリーンエネルギーパートナーシップ メールマガジン (2019/07/24)

グリーン・エネルギー・パートナーシップ事務局の新エネルギー財団です。
 このメルマガは、「グリーン・エネルギー・パートナーシップ」に参加いただいている
企業、 団体、個人の皆様に送信させていただいております。

 前回のメールマガジンで、GEP会員の皆さまのグリーンエネルギー証書を活用した
取り組み事例を募集いたしましたが、横浜市様から活動事例のご連絡をいただきましたので、
ご紹介いたします。

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
     横浜市風力発電所「ハマウィング」による取組みのご紹介
  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 横浜市風力発電所「ハマウィング」は、横浜市の環境行動のシンボル的事業として、
市債「ハマ債風車」の発行と国の補助金により 建設費を調達し、協賛事業者
「Y(ヨコハマ)ーグリーンパートナー」の協賛金と売電収入により運営を行っています。
横浜市は、Y-グリーンパートナーに対してハマウィングで発電した電力量を記載し、
その電力の使用証明となる「グリーン電力証書」を、協賛口数に応じて発行しています。

ハマウィングPRイベント開催のお知らせ
7月27日(土)、28日(日)に、マークイズみなとみらいにて、かざぐるま作りや発電体験、
ハマウィングの取組等をPRするイベントを開催します。ぜひお越し下さい!
 ※入場無料、事前申込不要です

Y-グリーンパートナーによるグリーン電力証書の活用事例
京浜急行電鉄株式会社では、「環境月間」の6月に合わせた取組として、保有する
ハマウィング由来のグリーン電力証書を活用することで、6月1日の京急線全線における
鉄道付帯用電力*をハマウィングで自然エネルギーにより発電されたグリーン電力で賄いました。
*駅舎や踏切・信号等で使用される電力。列車そのものを動かす電力は含んでいません

この取り組みによる効果
・京急線全線における鉄道付帯用電力使用量は、1日あたり12万kWhになります。
・これを自然エネルギーで賄うことで、CO2排出量が約62トン削減されます。

*この取り組み事例は、HPで公開しております。
グリーン・エネルギー・パートナーシップHP:https://www.nef.or.jp/gep/partner/efforts/index.html


■本メールマガジンの配信停止、また、ご意見、ご感想、ご要望などに
ついては、下記のお問い合わせ先にご連絡下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【お問い合わせ先】
グリーンエネルギーパートナーシップ事務局
一般財団法人新エネルギー財団 計画本部 広報普及部
〒170-0013東京都豊島区東池袋3丁目13番2号
電話:03(6810)0361 FAX:03(3982)5101
E-Mail:gep@nef.or.jp
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆