新エネルギー「最近の話題・キーワード」解説コーナ-新エネルギー「最近の話題・キーワード」解説コーナ-

2050年カーボンニュートラル実現に向けた取組(その1)
~北海道電力(北電グループ)~

前書き

菅内閣総理大臣は2020年10月26日の所信表明演説において、日本が「2050年までにカーボンニュートラル1を目指す」ことを宣言した。また、翌2021年4月の地球温暖化対策推進本部及び米国主催の気候サミットでは、「2050年目標と整合し、2030年度に温室効果ガスを2013年度比46%削減することを目指し、さらに、50%の高みに向けて挑戦を続けていく」と表明した。

日本がカーボンニュートラルを実現するために、メインプレイヤーである各電力会社の取組についてシリーズで解説する。

北海道電力(北電グループ)の取組

北海道電力は、「経営ビジョン2030」(発電部門からのCO2排出量の2013年度比半減以上)の達成に加え、その取組をより一層深化させ、「2050年の北海道におけるエネルギー全体のカーボンニュートラルの実現」を、さらに長期的には「発電部門からのCO2排出ゼロ」を目指す。

2050年カーボンニュートラルロードマップ
2050年カーボンニュートラルロードマップ

そのために、供給サイドでは再生可能エネルギー発電事業の拡大や原子力発電の活用に加え、水素製造など革新的技術の導入などにより、発電部門からのCO2排出ゼロを目指すという脱炭素化に資する取組を進める。需要サイドでは北海道特有の暖房需要等の電化を進めるとともに、CO2フリー電気から製造した水素等の利活用に向けた検討を進めていく。

カーボンニュートラル実現に向けた取組の方向性
カーボンニュートラル実現に向けた取組の方向性

1 温室効果ガス/CO2の排出と吸収でネットゼロを意味する概念。

最近の話題・
キーワード解説コーナ-

一覧トップ

ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
アルファベット
ページトップへ