Topics&News-2018年-

ニュース

令和元年度 新エネ大賞 決定 ~新部門を創設し、FITによらない取組を評価~

一般財団法人新エネルギー財団では、従来の3つの部門に加え、本年度は“FIT制度によらない自立型の発電ビジネス”を対象とする「先進的ビジネスモデル部門」を新設し、案件の募集を行いました(令和元年5月13日~7月12日)。

その結果、商品・サービス部門8件、導入活動部門17件、普及啓発部門2件、先進的ビジネスモデル部門15件の応募があり、厳正な審査により、経済産業大臣賞1件、資源エネルギー庁長官賞1件、新エネルギー財団会長賞10件、審査委員長特別賞1件が選ばれましたので、発表いたします。
なお、経済産業大臣賞は「先進的ビジネスモデル部門」から選ばれました。

各賞の受賞案件について

経済産業大臣賞 1件

応募部門:
先進的ビジネスモデル部門
応募テーマ名:
宮古島における「再エネサービスプロバイダ事業」の推進
重要なポイント:
FIT制度を使わず!再エネ電力や温水熱を販売、EV充電を目指すビジネスモデル
申請者名:
株式会社宮古島未来エネルギー、宮古島市、株式会社ネクステムズ、三菱UFJリース株式会社

資源エネルギー庁長官賞 1件

応募部門:
導入活動部門
応募テーマ名:
「隠岐ハイブリッドプロジェクト」日本初の最新技術を活用した、地域一体での再エネ導入拡大
重要なポイント:
2種類の蓄電池を組合せ、再エネ電力を安定化!離島の内燃力発電所と一体運用
申請者名:
中国電力株式会社、島根県、三菱電機株式会社、日本ガイシ株式会社、株式会社GSユアサ

新エネルギー財団会長賞 10件
(部門毎に申請者の五十音順に記載)

【応募部門:商品・サービス部門 2件】【応募部門:商品・サービス部門 2件】

応募テーマ名:
農業残渣など廃棄物の熱利用を可能とした小型バイオマスバーナー
重要なポイント:
焼却灰などの農業残渣の廃棄処分技術を商品化!地域農業の活性化に貢献
申請者名:
株式会社武田鉄工所
応募テーマ名:
事業性に優れた複数設置型流水式プロペラ水車「NTNマイクロ水車」
重要なポイント:
水路に設置するだけで発電!農業用水路向けや災害時の電力供給に活用
申請者名:
NTN株式会社

【応募部門:導入活動部門 4件】

応募テーマ名:
国内では22年ぶりに出力7,000kWを超える松尾八幡平地熱発電所の導入
重要なポイント:
7000kWを超える地熱発電所が運転開始!順調に稼働、今後の地熱開発促進に期待
申請者名:
岩手地熱株式会社
応募テーマ名:
短周期出力変動緩和対策を講じた大型蓄電池システムの導入
重要なポイント:
太陽光発電の急激な出力変動を蓄電池で平準化!北海道電力の技術要件に適合
申請者名:
株式会社大林組、三菱電機株式会社、株式会社GSユアサ
応募テーマ名:
水力発電所 ハイブリッドサーボシステムの改良・導入
重要なポイント:
油圧系統の改善で大幅コストダウン!大容量水力の一括更新時に採用が期待
申請者名:
電源開発株式会社、富士電機株式会社
応募テーマ名:
低圧連系発電ユニットを備えた地域循環型バイオガスの開発・運営
重要なポイント:
低圧連系発電ユニットを開発!食品残渣等からのメタンガスを原料に発電事業
申請者名:
株式会社エネコープ

【応募部門:普及啓発活動部門 1件】

応募テーマ名:
愛知県における産学行政の連携による水素社会実現に向けた普及啓発活動
重要なポイント:
空港等に水素ステーションやFCVを導入・整備!水素社会実現を目指し産学行政連携
申請者名:
愛知県

【応募部門:先進的ビジネスモデル部門 3件】

応募テーマ名:
大和ハウスの “RE100”への挑戦 -自らの再エネ100%&再エネ100%の街づくり-
重要なポイント:
再エネ発電所の電力で非化石証書を調達!戸建て・集合住宅に再エネ電力を提供
申請者名:
大和ハウス工業株式会社
応募テーマ名:
イオンの「再エネ100%」の達成に向けた挑戦
重要なポイント:
電力需要家では初めてPPAモデルを導入!再エネ100%に向けて関連店舗への導入
申請者名:
イオン株式会社
応募テーマ名:
RE100への加盟および事業所での自家消費型太陽光発電設備導入の推進
重要なポイント:
余剰電力を自己託送で他事業所に!自家消費型太陽光発電の導入を推進
申請者名:
ソニー株式会社

審査委員長特別賞 1件

応募部門:
導入活動部門
応募テーマ名:
自動車走行時の未利用エネルギーを回収する振動発電ユニットの開発
重要なポイント:
自動車走行時の振動エネルギーを電気に!駐車場の一時停止用LED照明などへの利用
申請者名:
株式会社竹中工務店、セイリツ工業株式会社、湘南メタルテック株式会社

概要

「新エネ大賞」は、新エネルギー等に係る機器の開発、設備等の導入及び普及啓発の取組を広く公募し、厳正、公正な審査の上、表彰することを通じて、新エネルギー等の導入の促進を図ることを目的としているものです。「新エネ大賞」では、これまでに226件の優れた案件が表彰され、先導的な事例として新エネルギー等の普及促進に大きな役割を果たしてきました。

表彰式について

東京ビッグサイトの会議室において、経済産業大臣賞、資源エネルギー庁長官賞、新エネルギー財団会長賞及び審査委員長特別賞に選出された取組等に対して表彰を行う予定です。
日時:令和2年1月29日(水)、14:00~15:00
場所:東京ビッグサイト 会議棟、7階703会議室

お問い合せ先

一般財団法人新エネルギー財団 (NEF : New Energy Foundation)
新エネ大賞事務局 玉田、小栗、窪田
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目13番2号 (イムーブル・コジマ2F)
TEL:03-6810-0361 FAX:03-3982-5101
E-mail:public,nef.or.jp

ページトップへ