新エネルギー「最近の話題・キーワード」解説コーナ-新エネルギー「最近の話題・キーワード」解説コーナ-

カーボンニュートラルLNGバイヤーアライアンス

カーボンニュートラルLNG(CNL)とは、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生する温室効果ガスを、CO₂クレジットで相殺(カーボン・オフセット)し、燃焼させても地球規模ではCO₂が発生しないとみなすことのできるLNGのこと。東京ガスが2019年に輸入を開始し、カーボンニュートラル都市ガスとして日本で初めて一般家庭に供給を開始している。

そして、この度、持続可能な社会の実現に向け、CNLを調達・供給する東京ガスと購入する幅広い業種の14社が一丸となり、CNLの普及拡大とその利用価値向上の実現を目的として、「カーボンニュートラルLNGバイヤーアライアンス」を3月に設立した。カーボンニュートラルなエネルギーの選択は、気候変動対策やSDGsへの貢献、ESG企業経営に直結する重要なソリューションの一つとなる。

今後の活動イメージ

【カーボンニュートラルLNGバイヤーアライアンス加盟企業】

  • ①東京ガス株式会社
  • ②株式会社ニュー・オータニ
  • ③アサヒグループホールディングス株式会社
  • ④いすゞ自動車株式会社
  • ⑤オリンパス株式会社
  • ⑥堺化学工業株式会社
  • ⑦株式会社ダスキン
  • ⑧学校法人玉川学園
  • ⑨株式会社東芝
  • ⑩東邦チタニウム株式会社
  • ⑪丸の内熱供給株式会社
  • ⑫三井住友信託銀行株式会社
  • ⑬三菱地所株式会社
  • ⑭株式会社ヤクルト本社
  • ⑮株式会社ルミネ

(全15社)

昨年10月の菅総理のカーボンニュートラル宣言により、日本は脱炭素経済に大きく舵を切っているが、エネルギー分野では熱利用の脱炭素化をいかに進めるかが大きな課題となっている。水素利用やメタネーション、CCUSなどが進められているが、まだ時間がかかる。まずは、足元のCNLを活用することから始めることが現実的なところかも知れない。

本アライアンスには、自社で消費するエネルギーの脱炭素化に取り組む需要家が数多く名を連ねている。製造業、食品会社、ホテル、銀行、学校、販売業など多岐に亘る需要家が一体となって取り組む意義は大きい。ただ、今回の取り組みは、東京ガスからLNGの供給を受ける首都圏の企業に限られている。今後、全国規模で広がることを期待したい。

【ご参考】

最近の話題・
キーワード解説コーナ-

一覧トップ

ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
アルファベット
ページトップへ