新エネ大賞-New Energy Award-

新エネルギー財団会長賞【導入活動部門】地域連携による木質バイオマスエネルギーの地産地消モデル構築と普及活動(株式会社リコー)

受賞のポイント

市が推進している「モデルフォレスト事業」における森林間伐材の有効利用などに関する先行事例となるべくバイオマスボイラー2基 (700kW) を自社に導入し空調エネルギーに活用している。

地域を代表する企業の一つとして、地方公共団体や林業関係者と連携し、森林伐採計画から間伐、チップ化、エネルギー利用までのスキームの一環として活動していることが評価された。

導入活動の概要

静岡県御殿場市のリコー環境事業開発センターでは、同センターから約2 ㎞に位置する箱根山系の二子森林地区から林業業者が切り出した未利用間伐材を、御殿場市の公共施設管理運営会社が仕入れてチップ化、これをリコーが購入して、木質バイオマスボイラーで燃焼し、センター内の空調・給湯に利用するという、木質バイオマスエネルギーの地産地消モデルの運用を開始した。

これまで活用されていなかった未利用間伐材を資源として利活用することにより御殿場地区の森林保全と地域活性化、およびセンターの低炭素化と燃料費削減を同時に実現する、地域連携の地産地消モデル。

リコーはこのモデルを確立し、木質バイオマスの利活用によるエネルギーの地産地消モデルとしてパッケージ化し、御殿場市内を始めとして、森林保全を進める他地域への普及促進に努めていく。

地域連携による木質バイオマスエネルギーの地産地消モデル構築と普及活動戦

【連絡先】

  • 株式会社リコー サステナビリティ推進本部
    東京都大田区中馬込1-3-6
    TEL 050-3814-2052 / FAX 03-6673-4479

新エネ大賞

新エネ大賞

エンブレムについて

年度別

令和元年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成21年度 第14回
平成20年度 第13回
平成19年度 第12回
平成18年度 第11回
平成17年度 第10回
平成16年度 第9回
平成15年度 第8回
平成14年度 第7回
平成13年度 第6回
平成12年度 第5回
平成11年度 第4回
平成10年度 第3回
平成9年度 第2回
平成8年度 第1回
ページトップへ