新エネ大賞-New Energy Award-

新エネルギー財団会長賞【導入活動部門】水力発電所 ハイブリッドサーボシステムの改良・導入(電源開発株式会社、富士電機株式会)

受賞のポイント

「秋葉第一発電所」の一括更新工事(22,650kW×2台から23600kW×2台に出力増)において、水車操作機構の一つであるハイブリッドサーボシステム(以下、「HSS」という)について、新方式(HSSによる入口弁操作化、アキュムレータ複合制御化)を開発・導入し、部品点数の削減・省スペース化・コストダウンを図った。

なお、20,000kW以上の大容量フランシス水車にHSSを使ったシステムを導入するのは初である。

今後の水力導入拡大に対して設備信頼度・保守性の向上とコストダウンを同時に実現するハイブリッドサーボシステム技術が貢献できるものとして評価された。

導入活動の概要

HSSについて、従来と比較し、部品点数の削減・省スペース化・コストダウン・設備信頼度の向上を実現させるべく、「HSSによる入口弁操作化」、「アキュムレータ複合制御化」の2件の新方式を開発し、特許を取得し(特許第6139041号、特許第6298207号)、秋葉第一発電所に導入した。新技術開発により主に以下の効果が得られた。

  • 操作油が5700ℓから400ℓ(93%削減)となり、環境リスク・環境影響を大幅に低減
  • 同程度の性能を維持し、設置スペース50%以下、HSSユニット台数1/4に削減できる省エネ技術を実現。補機省略・ユニット台数減により、設備信頼度・保守性・故障時の復旧迅速性を劇的に向上
  • 入口弁操作機構に関し30%以上のコストダウンを達成。HSS全体も30%以上のコストダウンを達成
  • 従来、中・小容量機のガイドベーンにしか適用できなかったHSSが、本技術の採用により大口径/大容量の入口弁および大容量機のガイドベーン操作にも適用可能となり、適用範囲を大幅に拡大
水力発電所 ハイブリッドサーボシステムの改良・導入

【連絡先】

  • 電源開発株式会社 水力発電部
    東京都中央区銀座6-15-1
    TEL 03-3546-3215 / FAX 03-3546-9730
  • 富士電機株式会社 水力プラント部
    神奈川県川崎市川崎区東田町11-27
    TEL 044-332-3185 / FAX 044-245-0246

新エネ大賞

新エネ大賞

エンブレムについて

年度別

令和2年度
令和元年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成21年度 第14回
平成20年度 第13回
平成19年度 第12回
平成18年度 第11回
平成17年度 第10回
平成16年度 第9回
平成15年度 第8回
平成14年度 第7回
平成13年度 第6回
平成12年度 第5回
平成11年度 第4回
平成10年度 第3回
平成9年度 第2回
平成8年度 第1回
ページトップへ