新エネ大賞-New Energy Award-

資源エネルギー庁長官賞【地域共生部門】横浜市における先進的環境技術と地域熱供給による密着型地域共生の実現(東京都市サービス(株)、横浜市、横浜アイランドタワー管理組合、(株)竹中工務店)

受賞のポイント

市の新庁舎整備に際して、市や地域と熱供給事業者が一体となった再エネ利用、省エネ、地域のレジリエンス向上に着目した地域共生の取組みである。

再エネの利用としては、太陽光発電(100kW)、地中熱利用(400kW)などを導入及び冷房排熱・下水再生水の熱等の未利用エネルギーを有効利用している。また、災害時には隣接するビルに電力を供給し面的対応を図ることや市内の焼却工場にて発電された再生可能エネルギー電力を自己託送制度を活用し新庁舎に供給するなどの様々な取組みを実施している。他の地域でのエネルギー連携の普及の前例となることが期待できるものとして高く評価された。

地域共生の概要

横浜市の旧市庁舎は建設から60年が経過し、施設・設備が老朽化するなど課題を多く抱えていたことから2020年に移転整備された。整備にあたり新市庁舎には様々な先進的環境技術と再生可能エネルギー利用を折り込む一方、新市庁舎単体にとどまらず、隣接する既存建物である横浜アイランドタワーとのエネルギー連携を図り「地域共生」を実現する為に熱供給事業を導入。地域が熱供給を介して連携し、省エネルギーや地域のレジリエンス向上を実現した。

横浜市における先進的環境技術と地域熱供給による密着型地域共生の実現

【連絡先】

  • 東京都市サービス株式会社
    トータルエネルギーサービス事業部 石澤 正太
    TEL 03-6361-5217 / MAIL ishizawa-shouta,tts-kk.co.jp

新エネ大賞

新エネ大賞

エンブレムについて

年度別

令和2年度
令和元年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成21年度 第14回
平成20年度 第13回
平成19年度 第12回
平成18年度 第11回
平成17年度 第10回
平成16年度 第9回
平成15年度 第8回
平成14年度 第7回
平成13年度 第6回
平成12年度 第5回
平成11年度 第4回
平成10年度 第3回
平成9年度 第2回
平成8年度 第1回
ページトップへ